寺尾養蜂日本支社

ブラジル産プロポリス=グリーンプロポリス?

 

プロポリスと一言に言っても色々ありますし、色んな国で生産されています。
東欧諸国、中国、ニュージーランド、日本でもわずかですがプロポリスは生産されているんです。

でも、その中でも「ブラジル産プロポリス」が一番高品質だというのは常識になっています。
その根拠は何なのでしょうか?‟ブラジル産”であれば間違いないのでしょうか?

 

【ブラジル・ミナスジェライス州とは】

まず、ブラジルは非常に広大な国です。日本の実に約23倍の面積の国土があります。
当然、ブラジルの中でも自然条件は地方によって全く異なりますから、ブラジル産プロポリスがすべて高品質であるということではなさそうですね。

 

「プロポリスの王様」という称号を持つ、世界中でも一番効能が高いグリーンプロポリスは、ブラジル南部のミナスジェライス州という所で発見されました。
グリーンプロポリスの発見者としてWikipediaにも名前がのっている人が、ブラジル寺尾養蜂(本社)の代表・寺尾貞亮です。

ブラジルの中のミナスジェライス州の場所

日本の面積は37万㎢ですが、このミナスジェライス州の面積は58万㎢なので、一つの州だけで日本よりもずっと大きいんですね!

 

【ミナスジェライス州フォルミーガ地域】

ミナスジェライス州・フォルミーガ地方の高原地帯でグリーンプロポリスは発見されました。フォルミーガは下の地図の赤い部分です。

 

ミナスジェライス州のフォルミーガ地方の場所

フォルミーガの面積は1500㎢です。日本の中で一番小さな県は香川県の1800㎢ですので、それよりも小さいですね。

グリーンプロポリスは、ブラジル南部の標高が700~1000mの高原でしか採集できない本当に貴重なプロポリスなんです。
つまり「ブラジル産プロポリス」と言っても、ブラジル産のすべてがグリーンではないんです。
本当にブラジルの中でもほんの一部の地域でしか採れない貴重なプロポリスなのです。

 

【グリーンプロポリスが良い理由】

なぜグリーンのプロポリスが良いのかというと、含有フラボノイド量が他のプロポリスよりも何十倍も多く含まれていること、殺ガン成分アルテピリンCをはじめとして非常に希少な有効成分が豊富に含まれているからです。

 

グリーンプロポリスは「プロポリスの王様」として有名になりましたが、決して‟ブラジル産=グリーンプロポリス”ではありません。

次にプロポリス商品をご覧になる時には、ブラジル産と言っても本当にグリーンプロポリスなのか確認してみてくださいね。