寺尾養蜂日本支社

殺菌力抜群のプロポリス

 

プロポリスの抗菌・殺菌効果が非常に高いことは、世界中で良く知られています。
そのため、別名を「天然の抗生物質」とも言われています。

そもそも、なぜプロポリスは殺菌力が強いのでしょうか?
その答えは、プロポリスの成り立ちを考えると明らかになります。

 

【プロポリスの成り立ち】

ミツバチの作り出す食品といえば、ハチミツやローヤルゼリーがまず頭に浮かぶでしょう。
ハチミツもローヤルゼリーも、ミツバチの食料です(ローヤルゼリーは女王蜂だけの食料)。

しかし、プロポリスは利用目的から異なります。
ミツバチは、殺菌効果のあるプロポリスを巣の入り口に塗りつけて、外から巣に帰ってきたときにプロポリスに体をこすりつけてから内部に入ります。
そうすることで体に付着した雑菌を殺菌することができ、巣の内部は清潔に保たれるわけです。

プロポリスの材料ですが、ミツバチたちは花蜜を採取するのとは別に、フラボノイドが多量に含まれている植物の新芽や樹液を採取し、自分の唾液と混ぜて特殊に作りだします。

その殺菌力は非常に高いため、何万匹ものミツバチが密集して住んでいる大きな巣であっても内部は完全無菌状態なのですから、本当にすごいですよね。

では、その殺菌力抜群のプロポリスを人間が摂取すると、どうなるのでしょうか・・・?

 

【殺菌力抜群のプロポリスの効果とは?】

病気の根本原因である病原菌は、非常に多種多様です。
風邪の原因である細菌やインフルエンザウイルスに始まり、エイズウイルスやエボラ出血熱、B型・C型肝炎など、抗生物質をもってしても退治できない病原菌も多々あります。

現代医学の結晶である抗生物質に対して、自然界の奇跡の結晶であるプロポリスは、風邪やインフルエンザにたいして予防・治癒効果があるのはもちろん、エボラ出血熱やB型・C型肝炎、エイズに対しても効果があると見込まれて、今でも世界中の研究機関で研究が続けられています。

現在までに、プロポリスには抗生物質のペニシリンやテトラサイクリンなどよりも強い殺菌効果があるということが分かってきているようです。

そんなプロポリスの殺菌力を実感された当店のお客さまからのお声も多数届いています。
下記のリンクから直筆のお手紙も読むことができます。

 

【プロポリスの殺菌力を実感されたお客さまの声】

  • まったく風邪をひかなくなった(群馬県の高橋様
  • 家族みんなが風邪で高熱を出したのに自分だけ感染しなかった(静岡県の佐野様
  • 中3の息子の塾の子供たちが皆ひどい風邪をひいたのに、プロポリスを飲ませていた息子だけ大丈夫だった(東京都の関様
  • 20年以上耳の中に膿ができていたのがプロポリスで治ってきた!(千葉県のN・Y様
  • プロポリスを飲んでいたらピロリ菌が消滅した(愛知県のT・T様
  • ピロリ菌を退治でき、非結核性抗酸菌症も症状が軽くなった(埼玉県のO・M様

この他にも、効果を実感したとの沢山のお声を頂いています。

 

ただ、そんなにプロポリスが殺菌力が高いというなら、体に良い乳酸菌とか善玉菌はどうなるの?という疑問を持たれる方もおられるでしょう。
プロポリスが善玉菌も殺菌してしまったら困りますよね。

 

【抗生物質は悪い菌も良い菌も見境なし】

人間のカラダに良い働きをしてくれる、ビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌があります。
最近はヨーグルトも色々な種類が売られていますので、おなじみですよね。
プロポリスが殺菌力が高いというなら、これら善玉菌も殺しちゃうんじゃないの?という疑問を持たれても不思議ではありません。

西洋医学の賜物である抗生物質は、悪い菌も良い菌も無差別に攻撃してしまうので、病院の先生も慎重に処方します。
実際に抗生物質を使用していると、体の良い菌も減らしてしまうため身体の免疫力が急激に下がることがあるんです。
病気を治すための治療なのに、逆に別の病気にかかりやすくなってしまうのは本末転倒ですね。

 

【プロポリスは良い菌に優しい】

では、自然の賜物であるプロポリスはどうなのでしょうか?
実は、、、プロポリスは悪玉菌だけ攻撃し、善玉菌には攻撃しないんです!
なぜ?と聞かれても「そこが自然の驚異なんです」と答えるしかないのですが(笑)

プロポリスは善玉菌に優しい

その証拠に、抗がん剤治療を受けていて、プロポリスを大量に飲みだしてから抗がん剤の副作用もなく、ガン腫瘍がどんどん小さくなったという方が実際に当店のお客さまで何人もおられます。
ただでさえ抗がん剤の副作用で体の免疫力が落ち込んでいるのに、プロポリスが善玉菌を殺してしまうとしたら、がん患者の方が回復されるはずはありませんよね。

 

【プロポリスには耐性菌ができない!】

最後にもう一つ、抗生物質とプロポリスの大きな違いを取り上げます。
抗生物質は飲み続けていると、その抗生物質に対して‟耐性”をもった耐性菌が発生します。
薬を飲んでいて最初のうちはよく効いていたのに、段々効かなくなってきてもっと強い薬を飲まないといけなくなった、ということがありますよね。

でも、プロポリスには耐性菌ができません。
だから、長く飲み続けてもずっと効果を感じることができるんです。
このようなプロポリスの驚くべき効果は、フラボノイドやフェノール酸、有機酸といった有効成分の相乗作用が関係していると推定されています。

 

「天然の抗生物質」プロポリスは、たしかにその異名にふさわしいと言えますね!