プロポリス寺尾養蜂日本支社

プロポリスの等級とは

 

プロポリス業界の真相に切り込み隊長!こと佐々田です。
プロポリスにも色々な種類がありますね。
ブラウンプロポリス、グリーンプロポリス、レッドプロポリス・・・

レッドプロポリスは比較的最近発見されたもので、グリーンプロポリスを超える!と騒がれました。
ただ、実際には物珍しさから評判が先走りしている状態で、研究などもまだまだ進んでいません。
我が寺尾養蜂でもサンプルとしてレッドプロポリスを仕入れてはいますが、商品化には至っていません。これから専門機関での究明などに期待ですね。

 

【グリーンプロポリスの等級】

今のところ世界中で広く知られている最高品質のプロポリスは、ブラジル・ミナスジェライス州周辺のみで採取される、アレクリン由来のグリーンプロポリスです。
我が寺尾養蜂ブラジル本社の寺尾社長が世界で初めて発見したプロポリスですね(^O^)
しかし、そのグリーンプロポリスの中でも品質の違いがあります。
その品質の違いが、6~10段階ほどの等級によって表されています。

 

【プロポリスの等級の決め方】

等級の呼び名ですが、当店では最高品質の「恵の蜂」がS級(スーパー)、その次の「恵」がA級、「Grato」がB級というグリーンプロポリス原塊を使用しています。
他社ではウルトラグリーンとかスーパーグリーンという呼び名で等級を表すこともありますね。

では、この等級はどのようにして決められているのでしょう?
それは、専門の職人がプロポリス原塊の色・大きさ・香り・形・味などで見極めているんです。
この見極めが非常に難しく、プロポリスの販売業者ですら難しいんです。
ですから、仕入れ先の原料卸メーカーの信頼度が関係してきます。
原料卸メーカーがもしA等級のプロポリス原塊をS等級だと言っても判別できないわけですから。

 

【プロポリスの等級の決め方】

その点で、我が寺尾養蜂は安心していただけると思います。
何と言っても、原料卸メーカーでありつつ小売販売もしているので、最初から最後まで一括して責任をもって消費者にお届けしているからです。

1988年にグリーンプロポリスを発見した寺尾社長は、グリーンプロポリスを一番知り尽くしている「グリーンプロポリス博士」であり「グリーンプロポリス熟練目利き職人」です。
寺尾養蜂日本支社は、その寺尾社長が自ら目利きしたグリーンプロポリスをお客さまに届けています。

 

プロポリス販売業者は多数ありますが、プロポリスを選ぶ際にはぜひ「等級」と「原料仕入れ先」がはっきりしている販売者から購入されるのをお薦めします。