寺尾養蜂日本支社

プロポリスの正しい飲み方

 

「プロポリスの飲み方」については、よくお問い合わせがあります。
純粋なプロポリスは独特な苦みと嗅いだことのないような匂いがあり、人によっては飲むのを断念してしまうほどのものです。

でも「良薬は口に苦し」ということわざもあるように、体に本当に大きな効果があるからこそ、昔から飲まれてきたわけですし、飲みやすくするためだけに濃度を薄めたり添加物を入れて甘くしたりするのは本末転倒ですよね。

・・・とは言っても、プロポリスが飲みにくくて断念してしまうのも残念です。
そこで、プロポリス初心者から上級者まで、お薦めのプロポリスの飲み方をご紹介します!

 

【プロポリスのいろんな飲み方】

・垂らして

ヨーグルト、ハチミツなどに垂らす飲み方です。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒にプロポリスを飲むと苦い味が和らぎますし、胃が弱い方なら乳製品が胃に膜をはってくれるので、プロポリスの刺激も少なくてすみます。

・混ぜて

水・白湯に混ぜて飲む飲み方です。
この場合、コップに蜂ヤニ(大事な有効成分)が付着しますので、専用のコップにするか紙コップを使用することをお薦めします。
ちなみに、先にプロポリスをコップに入れ、その後に水・白湯などを入れて混ぜると、蜂ヤニが付着しにくくなります。

・直接口に

口の中に水や白湯を含み、直接スポイトからプロポリスを口に垂らす飲み方です。
この方法だとプロポリスの有効成分を余すところなく取り入れることができるのでお薦めです。
先に口の中をゆすいで飲むことで口腔内の殺菌、歯茎強化、口臭・虫歯予防にもなります。

 

また上記以外にも、プロポリス原液をカプセルに入れて飲むという飲み方もあります。どうしてもプロポリスの味・香りが苦手な方、または大量に飲まれる方のための飲み方です。
カプセルで飲むことで、まったく苦みや匂いも気にせずに飲んで頂けますよ。

 

【ソフトカプセルタイプの裏事情】

最近、ソフトカプセルタイプのプロポリスをよく見かけますが、あれはプロポリス原液をカプセルに入れて飲むのとは全く異なります。
ソフトカプセルに加工するためにはプロポリスの濃度を薄めた上に、さらに色々な添加物を加えなければいけません。そうしないと、カプセルが溶けてしまって長期間保存できないので販売できないからです。

また、加工費がかかるため販売価格も押し上げられることになります。
もし割安感があるとしたら、原価が相当低いということも考えられます・・・

 

【プロポリスをカプセルに入れて飲むなら】

プロポリス原液をカプセルに入れて飲む場合、すぐに飲むならもちろん問題ありません。

プロポリスをカプセルに入れて飲む

カプセルにプロポリスを入れた状態で、常温なら丸1日、冷蔵庫に入れて保管する場合は1~2週間は問題なく保存できます。

当店ではプロポリス用カプセルのサービスなども行っていますので、最近はカプセルでお飲みになるお客様も増えてきました。

直接飲むのが口腔内や喉にもプロポリス効果が及ぶのでお薦めなのですが、逆に胃や腸、それより下部に症状や病気をお持ちの場合は、カプセルで飲むとダイレクトにプロポリスが効きますので、症状に合わせて飲み方を選ぶとよいですね。

 

寺尾養蜂日本支社では、沢山のお客さまからの声を集約し、特定の症状に対してプロポリスの適正な量や飲み方をアドバイスしております。
少しでも気になることや質問などがあれば、メールやお電話を頂ければご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。