寺尾養蜂日本支社

プロポリスによる好転反応

 

世の中には、ありとあらゆる健康食品が溢れています。
あまりに多すぎて、どれが本当に効果があるのか分からない!という悲鳴が毎日どこかで上がっていることでしょう。

 

【巷にあふれる健康食品】

以前の記事でも書きましたが、プロポリスを含め大半の健康食品は原材料の濃度もかなり薄くされており、良くも悪くも効果をほとんど体感できないものが多いです。
それは、販売者側にとってみれば一番都合が良いのです。原材料の濃度を薄めるので経費も抑えることができ、効果も薄い分、副作用ととられてしまいがちな「好転反応」も出ないからです。

 

【好転反応が出るリスク】

しかし、本当に効果を体感できる健康食品となると、好転反応が出る比率も高まります。それは販売者側にとってみればリスクとなります。
「おたくの製品を摂って副作用が出た」というクレームになりかねないからです。
・・・そう、好転反応は副作用と間違われてしまいクレームの元になり得るいわば‟諸刃の剣”なのです。

本当に消費者の健康を第一に考えれば、誤解に基づくクレームにつながる可能性があり、利益優先で健康第二にすれば、そういったクレームは来ないという、何ともやるせない事態なわけです。

ここで、好転反応とは何なのかについておさらいしましょう。
その前にまず、好転反応と関係のある要素をご説明しますね。

 

【体が錆びる原因、活性酸素】

人間の体は「活性酸素」によって少しずつ酸化しており、それが老化や病気につながります。
この活性酸素自体は普通に酸素を吸って生きているだけで増えるもので、身体の免疫機能を向上する有用な働きをしてくれます。
ところが、現代社会に付きものの「ストレス、紫外線、食品添加物、大気汚染、たばこ等」によって、活性酸素が異常なスピードで増えることに問題があります。

では、健康を取り戻すためにはどうしたら良いのか?
上記のような活性酸素を増やす要素をなるべく減らす努力が必要です。
さらに、酸化した体は優れた抗酸化作用のある食べ物を食べて、体の中の錆びを取ることによってキレイな体に戻ります。

この点、グリーンプロポリスは上等な「防錆剤」とも言えます。
プロポリスはその強力な抗酸化作用によって、酸化した体の錆びを落としてくれるのです。
この活性酸素と好転反応にどういうつながりがあるのでしょうか?

 

【体の錆びを落とす過程、好転反応】

活性酸素によって酸化してもろくなった体に強い抗酸化作用のある物質が入ると、まず最初に体に残っている有害物や異物、老廃物などを排泄しようとする浄化作用が働きます。
その浄化の際に表れる反応が好転反応とされています。

酸化してさび付いた各器官が、プロポリスの強い抗酸化作用によって錆が落ち、活発化するわけです。
例えると、長年錆びついていた金属製のゼンマイの錆びを落として動作させようとすると、最初はガタガタとぎこちなく動き始め、徐々にスムーズに回り始めるイメージです。この、最初のぎこちないガタガタが好転反応になります。

%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%82%a4%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%91

 

では、好転反応と副作用はどのように違うのでしょうか?次のページ(↓の2をクリック)でご紹介します。